忍者ブログ
洋画好きな管理人の趣味サイトです。好きな俳優出演作は褒めちぎるという傾向……
02≪ 2017.03|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



★★★★★/★★★★★

良かった

前2作の感想でも書いている通り、このシリーズが大好きなんです。
マット・デイモンびいきであることを差し引いても、今回のアルティメイタム、面白い。

やはりアクションと映像がリアルで生々しいのが良かったです。
今回はとくに呼吸とか人間っぽい感じ(うまく表現出来ないんですがリアルな感じ)まで伝わってくる演出に拍手。
ちょっとこの手の映像が弱い人にとっては、酔ってしまったり見にくいと感じる人もいるかもしれませんが、アクション系が好きな人なら良さがわかると思います。

あと、このシリーズで有名なカーアクションシーンも今回は新しい乗り物で挑戦していてそれも魅力的でした。
ちょっと前作とカブるようなシーンがありましたが、それはご愛嬌。
このシリーズが見たくて行っているので、似ていても問題ないという広い心で観れば、その派手さには十分満足できるはず。

ボーンの過去を探る内容や、CIAとの知恵比べ(?)も面白い。

とにかく最初から最後まで飽きることは当然なく、ほっとする暇があまりないのがいいところかと。
ただ、前作は絶対にチェックしてから行かないと損すると思います。


今回も感想というより、オススメ文章みたいになってしまいましたが、それくらい個人的にはオススメできる映画です。
これは大画面で観たほうがイイ映画かと。


  
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum -
ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] 「ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum -」 感想 ジェイソン・ボーン誕生秘話...
URL 2010/04/11(Sun)11:03:12
ボーン・アルティメイタム 息をつく暇もない映画
 今回はボーン・アルティメイタムを観てきました。
URL 2007/12/24(Mon)02:53:26
★「ボーン・アルティメイタム」
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
URL 2007/12/07(Fri)04:01:17
映画「ボーン・アルティメイタム」
原題:The Bourne Ultimatum まるで海兵隊の狙撃兵のように・・!?・・完結編といわれているけど、このまま終わってしまうとはもったいない、是非とも物語の続きを書き上げて欲しい・・ なぜなら、非情な殺戮マシーン、そして思い悩むボーンの真実が、その背景が、あまりに人
URL 2007/11/30(Fri)00:47:27
『ボーン・アルティメイタム』
□作品オフィシャルサイト「ボーン・アルティメイタム」□監督 ポール・グリーングラス □原作 ロバート・ラドラム □脚本 トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ □キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョアン・アレン、デヴィッド・ストラザーン、パディ・コンシダイン、スコット・グレン、アルバート・フィニー ■鑑賞日 11月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が本当の...
URL 2007/11/25(Sun)23:12:10
「ボーン・アルティメイタム」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ スプレマシーの続きで、いきなり直後から始まったのに驚き、そして前作のラストシーンが中盤で出てくる構成って。 スプレマシー見た後 中途半端な感じしなかったのに、スプレマシーが前編でアルティメイタムが後編の1本の作品だよ。 いや〜...
URL 2007/11/25(Sun)20:38:34
ブログ内を検索
How to Link
当サイトへのリンクはフリーです
詳しくはこちらから→
Comment
[12/25 管理人]
Copyright © 偏り映画感想。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]