忍者ブログ
洋画好きな管理人の趣味サイトです。好きな俳優出演作は褒めちぎるという傾向……
02≪ 2017.03|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



★★★★/★★★★★

よそで聞いていた感想より、かなり良かったです。
冒頭のノロノロした雰囲気があるストーリーの入り方も好き。
だんだんと引き込まれる感じが良いです。

全体的に地味な感じですが、俳優陣の演技と撮り方(?)が逆にじっくり観れました。
ヴィゴ・モーテンセンの奥の深い演技もいい味出してます。
なんというか、この人の(ロード・オブ・ザ・リングとは違う現代劇の)魅力満開といったところでしょうか。
周りの俳優陣もハマっているかと。

サスペンスの要素もありつつ、地味にアクションシーンもあるので色々と楽しめる映画。
ただ、バイオレンスですので、はっきりと子供向けではない映画……。

ラストのなんとも言えない雰囲気もこの映画のラストにはいい感じです。


  

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
【 ヒストリー・オブ・バイオレンス 】
店に押し入った強盗を倒し街のヒーローになった男の元に、彼の過去を知る男が現れるサスペンス・ドラマ。監督はデヴィッド・クローネンバーグ。 いつものクローネンバーグ監督らしい「暴力」がテーマ。暴力描写がグロいのはファンなら承知でしょう。一見、悪を退治する...
URL 2007/11/30(Fri)00:04:40
ヒストリー・オブ・バイオレンス
インディアナ州の静かな町。 二人組の凶悪な強盗犯に店を襲われたダイナーのオーナー トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)は、犯人の隙をついて銃を奪い あっと言う間に二人を倒す。 この事件はマスコミにも大きく取上げられ、トムは一躍ヒーローとして有名になるが、 客が増えて忙しくなったダイナーにトムを執拗にジョーイと呼ぶ 片目に傷跡のあるマフィアの男フォガティ(エド・ハリス)が手下を連れて現れる。 その日以来、トムと家族は彼らの影に脅かされるのだったが・・・ 感想 この作品のストー...
URL 2007/11/27(Tue)04:37:00
ブログ内を検索
How to Link
当サイトへのリンクはフリーです
詳しくはこちらから→
Comment
[12/25 管理人]
Copyright © 偏り映画感想。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]